北海道川添農園では、特別栽培米の「ゆめぴりか」をはじめ、美味しく安全なお米を栽培しております。
有機堆肥や微生物肥料を活用することで、農薬の使用量を通常の半分以下に抑えています。
北海道の肥沃な土地で栽培された美味しいお米をどうぞお召し上がりください。

大雪山や石狩川など、豊かな自然に囲まれた
旭川の大地で美味しい農作物を栽培しています。

豊富な水源

北海道の中央に位置する旭川市は、大雪山をはじめとした雄大な山々に囲まれています。また、石狩川などの大きな河川も流れており、水源も豊かな土地となっています。お米作りには水は欠かせない要素ですので、旭川市はまさに米作りに適した土地であると言えます。

寒暖差の大きい気候

旭川市がある上川盆地は、北海道最大の盆地です。その中でも旭川市は夏冬の温度差が60度と、とても厳しい環境におかれ、夏でも毎日10度〜15度と温度差があります。その厳しい環境で力強く育ち甘みや旨みが増した美味しい農作物がたくさん栽培されています。

田んぼアートにも取り組んでいます。

色の違う稲を植えて田んぼに絵を描く田んぼアートにも取り組んでいます。
若手農業者が中心となり、旭川市の観光名所になっている風景です。

北海道川添農園のこだわり

土壌微生物の活性化

稲刈り後の田んぼに土壌を活性化する微生物肥料を撒いています。その後、土と稲わらを混和させ酸素を送り込むことにより、冬の雪の下でじっくりと稲わらを分解腐食させ、次年度のお米作りの大事な下地となります。

有機堆肥の活用

当農園で使用している有機肥料は、北海道釧路市の水産加工の際に出る魚のアラを利用した魚粕を使用しています。北海道の豊かな海で育った美味しいお魚で作る堆肥は、最も安全で優れた肥料であり、うまみ成分であるアミノ酸も多く含まれ、より美味しく安全に食べていただけるお米作りをしています。

種籾(たねもみ)の芽出し

「芽出し」は、種籾を32度のぬるま湯に浸けて発芽させる作業です。雑菌の繁殖を防ぐために農薬を使用するのが一般的ですが、当農園では穀物酢を活用し、より安全なお米作りを行っております。

北海道・旭川市の肥沃な大地から生まれたお米
「ゆめぴりか」をどうぞお召し上がりください。

北海道産特別栽培米
ゆめぴりか

粒が厚く、もちもちとした食感に炊きあがります。
甘味も強く、冷めても美味しいお米です。

ご購入はコチラから

北海道産特別栽培米とは?

農林水産省のガイドラインに沿って栽培されたお米です。
具体的には、農薬や化学肥料の使用量が通常の50%以下に抑えられており、より安全性の高いお米を求めている方におすすめの商品です。

ななつぼし、おぼろづきの生産もしています。

ななつぼし

甘み、粘り、ツヤの美味しい条件が揃った絶妙なバランスのお米です。

ご購入はコチラから

おぼろづき

ずっしりとした食べごたえ
強い粘りとほのかな甘み、独特の香りが特徴のお米です。

ご購入はコチラから

川添農園の野菜は低農薬で栽培
食卓に安心の野菜を

スイートコーン

8月上旬から9月中旬の期間限定の露地栽培のスイートコーンです。糖度18度。朝もぎの美味しさをお楽しみください。

ご購入はコチラから

たまねぎ

たまねぎの甘味・旨みもたっぷり!
低農薬の安心素材を毎日の食卓に。

ご購入はコチラから